プロテインは目的に応じて選ぶことが重要

プロテインは様々な種類があります。用途によって使い分けることが大切です。

例えば、プロテインはたんぱく質が多いと思っている人も多いと思います。しかし、体重を増やしたい人用に炭水化物を多く含んだプロテインもあります。減量期や体重をあまり増やしたくない人がこの炭水化物の多いものを飲んでしまうと脂肪が多くなって太ってしまいます。

痩せたいがたんぱく質を多く摂取したいという場合には炭水化物の少ない、たんぱく質の多いプロテインを選ぶことが重要です。痩せたい時や体重を増やしたいときの目的に応じて選ぶことが重要です。

一般的に使用されるホエイプロテインはWPC(濃縮膜処理法)、WPI(イオン交換法)、CFM(WPCとWPIのいいとこを取り除く)、WPH(加水分解ペプチド)に分かれます。WPCは一般的によく売られているプロテインでたんぱく質含有量は70~80%ほどになります。WPCは乳糖も入っているのでお腹が下しやすくなる恐れがあります。水で飲むようにするといいかもしれません。WPC以外の三つの製法では乳糖はほとんど入っていないのでお腹を壊すリスクは減りますが、価格が上がります。

WPIではWPCよりもたんぱく質含有量は多くなる(80~90%)半面、ほかの栄養素もろ過されてしまうので他の栄養は少ないです。しかし乳糖があまり含まれていないのでお腹の弱い人にはいいと思います。

CFMでは価格は高くなります。その分WPCとWPIのいいとこを取り出しているので品質はかなり高いといえます。吸収がホエイプロテインより早いホエイペプチドと吸収効率を高めるビタミンB群も入っています。こちらはかなり徹底的に強い、大きい筋肉を作る人にとっては必要不可欠のプロテインであると言えます。乳糖もかなり少なく、脂肪も入っている量がかなり少ないのですごい製品です。しかし値段も高いので本格的にトレーニングをしている人、お金に余裕がある人向きです。

WPHはホエイプロテインの中では最も分解されている状態のペプチドになっているため、消化吸収スピードがめちゃくちゃ早いです。疲労した筋肉にすぐ吸収されるのでかなりいい製品です。WPHはたんぱく質含有、吸収の速さ、溶けやすさもいいです。しかしこれも値段が高いので本格的にトレーニングをしている人、お金に余裕のある人にお勧めです。

ガセインプロテインやソイプロテインは腹持ちが良いことや、吸収がゆっくりである特徴を持つので就寝前に飲まれますが、就寝前もホエイプロテインを飲んでいる人のほうが多いです。

現在は多くのプロテインメーカーが出回っています。王手のプロテインは目的に応じたプロテインがあるので扱いやすいと思います。味の種類も豊富で美味しいです。その反面あまりメジャーになっていないプロテインに比べて値段は張ります。本格的に筋トレをしている人、お金に余裕のある人がおすすめかと思います。

比較的安価なプロテインはWPCのみのプロテインが多く味が複数あっても栄養素はほとんど同じです(たんぱく質や炭水化物の含有量など)。比較的安価で味なども近年美味しくなってきているのでこちらもおすすめできます。初心者やお金にあまり余裕のない人はこちらでよいかと思います。
価格や成分表示(栄養素)をしっかり見て、どんな目的で飲むかを理解した上で購入することが大切になります。