食事は筋トレで痛めつけた筋肉を補修する栄養剤

せっかく筋トレをするなら最大限効果を発揮したいですよね。

そのためにはもちろん正しい筋トレが大事なのですが1番大事な事は食事なのです。
食事は筋トレで痛めつけた筋肉を補修する栄養剤と思えば分かりやすいと思います。

いくら筋トレで正しくターゲットを追い込んでも食事がしっかりしていなければ最大限効果を発揮する事が出来ません。
ではどのような食事を摂取すれば良いのでしょうか?

それは三大栄養素のタンパク質と糖質と脂質をバランス良く摂取する事です。
筋肉はタンパク質で作られるので筋肉を肥大させるならタンパク質を多く摂取しなければなりません。
だいたい自分の体重×2gは摂取しましょう。

食事でそのぶんのタンパク質を補うのが大変な場合はプロテインを飲むのもありですね。
プロテインは消化吸収に優れているので飲まないよりは飲んだ方が筋肉を肥大させるのに効果的でしょう。
全体の食事の4割はタンパク質をとりましょう。

次に大切なのは糖質です。

糖質は人か行動したり筋トレをしたりするのにエネルギーになるので、筋トレを行う前に糖質を摂取しましょう。
普段糖質を摂取していなければ低血糖になり頭がボーってしたりひどい時には倒れてしまいます。

それに筋トレを行った際は糖質が足りなければ十分に力が発揮されずパンプアップ感も得られません。
このパンプアップ感が筋トレにとても大切でなのです。

筋トレ後に鍛えたターゲットがパンプアップアップされているのといないのとじゃ長い月日を見た時効果が変はって来ます。
それにトレーニングが終はった後パンプアップ感が無ければ追い込めてない証拠でもあります。

なのでトレーニング前に食事で取るのは胃にも負担がかかりやすいので、市販で売られているブドウ糖の摂取をお勧めします。
ブドウ糖は摂取してから30分くらいで吸収されエネルギーになりパンプアップ感も得られます。

次に脂質です。

脂質は取りすぎると動脈硬化など血管の病気や肥満になりやすいので動物性の脂の取りすぎは控えましょう。
魚や大豆などの脂は体にも良い脂です。

脂質は髪や肌に潤いを与え関節にも良いので全く摂取しないのは良くないです。

全体の摂取バランスはタンパク質4:糖質4:脂質2くらいが望ましいですが。筋トレの効果を最大限発揮させるにはバランス良く摂取しましょう。