産後に美しい体型を取り戻すための筋肉トレーニング

女性は妊娠すると通常9キロから12キロ体重が増加し、赤ちゃんをお腹で守り育てるためにふくよかな体になります。

出産後その体重は緩やかに妊娠前の体に戻っていくはずなのですが、なかなか思うように戻らず悩んでいる方も多いと思われます。

今回は産後に美しい体型を取り戻すための筋肉トレーニングについてご説明したいと思います。まずは、産後のダイエットになぜ筋トレが効果的なのか。

妊娠中は思うように体を動かすことが難しく、臨月ともなれば足元すら見えづらく、走るのも困難、また、無理に体を動かして早産してはいけないと自然とゆっくりとした動きになり、筋肉がだんだんと衰えていくのです。

筋肉が衰えると、基礎代謝が悪くなり、痩せにくい体が出来上がります。そうすると、産後自然に落ちるはずの体重が落ちないという事態が起こるのです。筋肉量が増えると基礎代謝はアップするので、まずは衰えた筋肉をもとの状態に戻すことが必要になります。

次に、具体的な筋肉トレーニングをご説明したいと思います。腰を持ち上げて骨盤底筋を鍛えるトレーニングです。骨盤底筋とは子宮や膀胱など、下腹部の臓器を支える非常に重要な筋肉です。

1、仰向けに寝た状態になり、足を肩幅まで開き、膝を立てます。

2、息を吐きながら静かにお尻を持ち上げて肛門をキュッと締めます。内腿にも力を入れます。このとき肩から膝までが一直線の棒になったようなイメージで腰を上げましょう。

3、そのまま5秒間静止して、ゆっくりと息を吐きながら腰を下ろします。

この一連の流れを一日10セット行ってください。骨盤底筋を鍛えることで、ほかの部位の筋肉も自然と引き締められ、また尿漏れや腰痛などの産後トラブルの予防にもなります。産後筋トレを進めるうえで、過度な食事制限はやめておいたほうが良いと思います。

特に母乳で育てる場合、赤ちゃんに満足な栄養が与えられない可能性がありますし、体力勝負の育児にはバランスのとれた食事で、自分自身の健康を守ることが必要です。

産後は、自分で思っているよりも体傷ついた状態で、体力が完全に回復するのにも個人差が大きいものです。無理のない範囲で進め、美しいママを目指して頑張ってほしいと思います。